FC2ブログ
HAND BUILD DownHill WHEEL!!
- 2012/05/10(Thu) -
先日、お客様からご依頼頂いたダウンヒル用ホイールを組んでます。

僕のホイール組の相棒はこちら ↓ ↓
プレップ
これが無きゃホイール組は始まりません!!Wheel SmithのSpoke Prep!早い話がロックタイトなんですが

これがまた上手く出来ていて組む際にはスムーズにニップルが回り、組みあがった後は程よい緩み止めになります。

プレップ1
塗り終わった後は乾燥させてから組みつけに移ります。

リム
今回のリムはMAVIC EX823 です!もはやダウンヒルチューブレスリムの決定版のリムです。

最近はリムのグラフィックが変更されオシャレなイメージになりました。

このリムはニップルを保持するアイレットが別パーツになっていますので、アイレットを先にスポークへ通してから

ニップルをスポークへねじ込みます!!すべてのスポークの準備が整ったら・・・・
編み
スポークを編んでいきます。アイレットをリムへねじ込んでいきます。全部アイレットをねじ込み終わったら

アイレット
全てのアイレットにロックタイトを塗布し、最後まで締め込み規定トルクで固定します。

次はニップルを締めこんでいき、振れ取りの基本になるところまで締め込んでいくと・・・

かりぐみ
このような状態にっ!!今回悩みに悩んだのが ↓ ↓

マーク
リムのバルブホールから見えるハブのロゴ位置です!悩んだあげくロゴマークに合わせました!目立たない部分ですがこだわらせて頂いております!!

おっと!?肝心のハブのご紹介を忘れておりました・・・ハブはこちら↓ ↓

in hub!
INDUSTRY NINE CLASSIC HUB F20mm/R150mm×12mm ですっ!

このハブの売りはなんといってもフリーのノッチ数です!なんと120ノッチ!!遊びがわずか3°しかありません。

CHRIS KINGやHADLEYは72ノッチで遊びが5°名だたる高性能ハブと比較しても劣りません!

では、本題に戻ります・・・

後は横、縦の振れ、センターを見ながらスポークテンションを上げていき、数日放置してスポークの馴染み、伸びが出た所で再度振れ取り、スポークテンションアップの作業を行います。

数回この作業を繰り返しホイールが完成いたします!!

あと少しで完成いたしますのでA様、首を長~くしてお待ちください!!

GROVE宮前平では、この様なこだわりカスタムホイールの組み立ても行っていますので、気になる方は是非ご相談ください!!
スポンサーサイト



この記事のURL | MTB | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<新横浜スケートパーク行ってきました! | メイン | DEVINCI 『DIXON RC』入荷!>>
コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック:
トラックバック URL
→http://grovemiyamaedaira.blog.fc2.com/tb.php/19-5ef92d26
| メイン |